外國企業來台掛牌

View this page in: English

 

Traditional Chinese


繁體中文版

全隨著企業經營規模持續成長,企業籌資需求日益增加,選擇上市(櫃)一途用以籌措資金是必然趨勢,對海外企業而言上市地點雖多,但來台上市(櫃)的優點是述說不盡的。因為台灣資本市場流動性佳、本益比高、股價表現優異,加上來台上市(櫃)可以較合理的成本籌集所需之營運資金,法令也允許企業得將在台所籌集之資金投入原營運地擴展企業版圖。更重要的是,來台上市(櫃)不單是壯大企業本身,亦是躍登資本市場的最佳首選。

主管機關之政策目標非常清楚,希望能達成4年內200家外國企業來台上市之政策目標。加上對以往未依規定申報而赴大陸投資者,也放寬補行申報,並以輕罰代替以往重懲。同時也允許在台灣募集之資金,能夠匯出並投資於原營運地,在在都顯示出政府部門敞開大門歡迎外國企業來台上市之痕跡。

 

English


English

In 2008, as part of its capital market liberalization policy, the Taiwan government amended the stock exchange rules to actively encourage foreign businesses to list in Taiwan. It also relaxed restrictions on the qualifications of foreign issuers and the use of raised funds. Now, as long as foreign issuers and Taiwanese businesses established abroad meet the relevant requirements, they can readily apply to list on the Taiwan Stock Exchange (TWSE) or the over-the-counter GreTai Securities Market (GTSM).

Taiwan’s capital market can now truthfully boast unsurpassed advantages for many firms: an extremely tech-savvy investing public, proximity and access to the greater China market, big savings on listing costs, and outstanding share price performance. Both IPOs and secondary listings (Taiwan Depositary Receipts) are available as listing options, and funds can be remitted for investment in any offshore territory, including China. As commerce and investment across the Taiwan Strait flourish, more and more companies will be making Taiwan their first choice for a successful share listing.

This booklet is intended to provide an overview of Taiwan's market listing process, including current listing requirements and an outline of the basic steps involved. It is not a comprehensive guide, however, and we encourage prospective foreign issuers to contact PricewaterhouseCoopers Taiwan for further information.

 

Japanese


日本語

資本市場の自由化政策の一環として2008年に台湾政府は外国企業が積極的に台湾で上場できるように株式取引に関するルールを修正しました。また、外国企業の資格要件やファンドに対する規制緩和も行われました。現在、外国企業や国外にある台湾企業が関連する条件を満たせば、容易に台湾証券取引所(TWSE)または、店頭市場の台湾証券店頭売買センターに上場申請が可能です。

日系企業にとって上場の可能性のある海外資本市場は複数考えられます。その中で台湾市場での上場はこれまであまり注目されてきませんでしたが、他のアジア地域に比べて日系企業にとって台湾の資本市場は非常に様々なメリットを有する市場と言えます。

台湾はハイテク産業への理解が深く、巨大な中国市場への窓口として地理的に有利であり、上場にかかる費用も比較的低く抑えられます。台湾の資本市場は流動性も株価収益率も高く、他の市場に比べても合理的なコストで必要とする資金を調達できます。また、セカンダリー上場も積極的に誘致されています。法規制の面でも、台湾で調達した資金を台湾あるいは海外拠点で自由に運用することを認めており、外国為替の規制がきわめて少ない市場です。さらに、日本に友好的な国民感情も加わり、株式上場を目指す日系企業に有望な選択肢となることでしょう。

この冊子は台湾市場の上場プロセス、条件、手続きの概要を理解して頂くために作成されました。すべての内容を説明するものではありませんが、本冊子が台湾での上場を検討する企業様のお役に立てれば幸いです。